2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

俺のある夏の思い出を話そうと思う







1 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 22:54:58.37 ID:gQbeS8/c0
見てってくれ
質問には支障をきたさない程度に随時答えていこうと思う




3 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 22:55:51.83 ID:gQbeS8/c0
俺はバスケが好きだ。
中学からやっていて、高校でも途中までやってた。
一人で練習するのが好きで、よく近所の公園で練習してた。

高校入ってからは、時間がなく、学校でできたので、あまり行か
なくなっていたが、部活をやめてしばらくしてまた行くようになっ
てた





5 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 22:56:38.37 ID:gQbeS8/c0
>>2パンツははいとけ

その公園は広場と遊具があり、ちっちゃい子もたくさんいた。
いつも3時ごろに公園について、1~2時間汗を流していた。

地元の中学生、つまり俺の後輩なんかもたまに混ざって一緒にやっ
ていた。





6 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 22:57:07.94 ID:gQbeS8/c0
ある日、いつも通りバスケをしていたら、
ブランコに一人でゆられている女の子がいた。

思い返せば何度も見た顔ではあったが、話したのはその日が初め
てだった。

リングに弾かれたボールがその子に向かって転がっていって、拾っ
てくれた。
ありがとう、とお礼を言うと、
「お兄さん上手ですね」
と少女が口を開いた。

そんなことないよ、と返して、俺はコートに戻った。





7 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 22:57:38.05 ID:gQbeS8/c0
それからもシューティングしたりしていたが、少女はずっとこち
らを見つめていた。

休憩がてら、少女の方に近寄り、一緒にやるかい?と誘った。

少女は満面の笑みでうなずき、それから20分ほどやっていたが、
少女がばててしまったため、ベンチで話をすることにした。





9 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 22:58:11.76 ID:gQbeS8/c0
夏美と名乗ったその子は中学1年生だった。

少し体格がよく、ジーパンにシャツというシンプルな格好をして
いて、あまりオシャレをするようなタイプではなさそうだった。

一人で何をしていたの?と聞くと、特に何も・・・と、言葉を濁した。

俺は明日もいると思うからよかったらまたやろうよ、と言ってそ
の日は別れた。






10 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 22:59:01.71 ID:gQbeS8/c0
>>8そんなんちゃうわwwww

それ以来2人でよくバスケをするようになった。
俺が公園に姿を見せる日はいつも夏美もいたので、
毎日公園にいたのかもしれない。

夏美は初心者だったし、あまり運動しないようなので、最初はす
ごく下手だったけど、

楽しくプレイするところを見るのが俺は好きだった。





11 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 22:59:41.86 ID:gQbeS8/c0
ある日、いつものようにバスケをしていると夏美がやってきた。
よく見ると靴を履いていなかった。学校の友達に隠されたと言っ
て泣き始めた。

夏美が泣きやむまで背中をさすってあげた。
隠された靴を探しに行こうよと言って、俺は自転車の後ろに夏美
をのせた。

俺の母校でもある中学校に入って靴を探し始めた。俺にはそうい
うのに心当たりがあったため、靴はすぐに見つかった。ゴミ収集
場所に埋もれていた。





12 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 23:00:09.29 ID:gQbeS8/c0
先生方につかまるのも面倒だと思い、すぐ学校を出て近くの川の
河川敷の階段に腰を下ろした。

夏美が話し始めた。小学校のころからいじめられていて、中学に
入って少しエスカレートした、と言ってまた泣き始めた。俺はた
だ話に耳を傾けた。

空が赤くなるころに、夏美を家まで送った。
その足で俺は近所のホームセンターへ向かった。





13 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 23:00:09.64 ID:RVX+Ozdo0
>>9
女 スペック



14 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 23:02:09.61 ID:gQbeS8/c0
>>9
当時中学1年生
身長は160ないくらい少しふっくら体型
その時は別に可愛いという感じじゃあなかった

次の日、公園に行くと夏美がそこで待っていた。制服を着ていな
かった理由を聞くと、学校に行かなかったから、と少しばつの悪
い顔で答えた。

俺も今日はサボってるから、と笑うと、夏美の顔も晴れた。
それに安心した俺は、夏美にバスケットボールを手渡した。

夏美はきょとんとしていたから、プレゼントだと教えてあげると、
すごくうれしそうな顔をして、シュートを打ち始めた。

「バスケを教えてください。夏美、バスケで見返してやりたい」

少しうるんだ瞳で、はっきりとこう言われた。俺はいいよ、でも
厳しいよ、と言って、二人で笑った。





15 :夏美:2012/03/06(火) 23:02:58.64 ID:gQbeS8/c0
二人が初めて話をしてから、3か月が立つ頃、夏美は すっかり痩せ
て、体も少したくましくなった。

最初は全然持たなかったのに、今では1時間バスケをしても大丈夫
になった。相変わらずいじめは続いていたけれど、

「夏美にはバスケがある」
「放課後はお兄ちゃんに会える」

そう思うだけで、毎日が楽しかった。もらったボールで一人で練
習も続けた。





16 :夏美:2012/03/06(火) 23:04:06.71 ID:gQbeS8/c0
季節が秋に変わり、学校では球技大会の話で持ちきりだった。

夏美は なんとかバスケに出たかったけれど、男バスにイケメンの
人がいるからか、女子は皆バスケに出たがった。

中学に入学してから初めて意見をいったから、周りのみんなは驚
いていた。

先生の前では女子たちも夏美に嫌がらせできないので、じゃんけ
んでメンバーを決めることになった。

じゃんけんで勝った夏美をまたいじめたけれど、決して折れるこ
とはなかった。




17 :夏美:2012/03/06(火) 23:04:47.58 ID:gQbeS8/c0
お兄ちゃんに、その話をすると、
「そうか。よかったね!もっと練習しなくちゃね。」
って言って、ぐしゃぐしゃになった髪を束ねてくれた。

「経験者とやるのと、素人とやるのとじゃ勝手が違うから」

「自分の得意なプレイばかりするといいよ」

「緊張しても焦っちゃだめだよ。リラックスして」

「仲間がパスしてくれないことはよくある。自分からもらいに行
くんだよ」

お兄ちゃんは、たくさんアドバイスしてくれた。夏美が良いプレ
イをすると必ず拍手してくれた。お兄ちゃんに褒めてもらいたく
て、必死に練習した。





18 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 23:04:53.79 ID:fWw0yIbM0
なぜ名前を夏美にしてるんw(´・ω・`)



20 :夏美:2012/03/06(火) 23:05:49.58 ID:gQbeS8/c0
>>18
名前が夏美の時は夏美視点ね

球技大会当日、すごく緊張したけれど、お兄ちゃんに言われた通
り、深呼吸してリラックスした。チームの人は全然夏美にパスし
てくれなかったけど、相手から奪い取ったりして、たくさん点を
決めた。1試合目が終わると、

「夏美うまいね!バスケやってたの?」

「夏美すごい!次もよろしくね!」

って皆に褒められて、すごくうれしかった。




19 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 23:05:11.47 ID:lxHwuG+cO
>>11
なんで背中さするん?
まじできもいわ

お前対人関係とか問題有りなタイプだろ




21 :夏美:2012/03/06(火) 23:07:07.55 ID:gQbeS8/c0
>>19
え?泣いてる人の背中さすらん?おれだけ?

次も、その次も勝って、夏美のクラスは優勝した。
代表者に選ばれて賞状をもらった時、泣きそうになった。

次の日、女バスの顧問の先生に、
「バスケ部に入らない?」

って言われた。すごくうれしくて、家に帰ってお母さんに話した
ら、いいよ!がんばんなさいよ!って言ってくれた。

すぐに公園に行って、お兄ちゃんに話した。





22 :夏美:2012/03/06(火) 23:07:42.66 ID:gQbeS8/c0
「球技大会優勝したよ!」
「ホントか!おめでとう!」

「うん!そしてね・・・バスケ部に入ることになったの!」
「そうか!それはよかったね!」

「お母さんも頑張れって言ってくれた!すごく楽しみ!」
「そうか。・・・・ところで、バッシュはあるの?」

「・・・・持ってない」
「じゃあ、買いに行こう!」

ってお兄ちゃんが言うから、自転車の後ろに乗った。




23 :夏美:2012/03/06(火) 23:08:25.45 ID:gQbeS8/c0
2回目だけど、今回はお兄ちゃんに抱きついた。顔を背中に寄せる
と、汗と土のにおいがした。お兄ちゃんはバッシュについてのウ
ンチクを、嬉しそうに語ってたけど、あんまり覚えてない。すご
く夢みたいな時間だった。

スポーツショップでは、お兄ちゃんが店員さんにあれこれ聞いて
くれて、なんかデートしてるみたいだった。バッシュは買っても
らったけど、値段を見たら8000円もして申し訳なかった。

お兄ちゃんは「バスケに金使わないで何に使うのさ?」って笑っ
てたけど。





26 :夏美:2012/03/06(火) 23:09:52.53 ID:gQbeS8/c0
帰り際、夏美の家の前でお兄ちゃんが「ボールの中には何が入っ
てると思う?」って聞いてきた。

夏美は分からなかったから、「空気?」って答えたらお兄ちゃん
は、「夢が詰まってるんだよ」って言ったのがおかしかった。

「だから、そのボールをいつもパンパンにするんだよ。部活では
辛いこともあると思うけど」お兄ちゃんはそう言って行ってしまっ
た。

その日は寝れなかった。
バッシュを見て、ボールを見て、お兄ちゃんの顔を思い浮かべた。
大好きです、って何度もつぶやいた。
嬉しくてうれしくてたまらなかった。





27 :夏美:2012/03/06(火) 23:11:36.30 ID:gQbeS8/c0
その日は雨が降っていた。
地下鉄を降りて、階段を上り、傘をさした。
歩きながら今日の面接のことを思い出す。

高校中退であることを暗にバカにされることは、慣れているとは
いえ好ましいものではなかった。

2日後に電話がかかってきて、俺はメモ帳に18本目の×を書いた。

ため息をつくが、すぐにまた電話をかけた。カレンダーに時間を
書き込んで、俺はコンビニに向かう。





28 :夏美:2012/03/06(火) 23:12:48.04 ID:gQbeS8/c0
>>27
スマンここから俺視点です

声をかけられたのはその帰り道だった。
振りかえると、高校時代の友人がいた。

今日暇か?と聞かれたから、そうだと答えると、じゃあ飲みに行
こうぜ、と言う。

友人について居酒屋にはいった。

久々の友達との再会に喜んで、思い出話に花が咲いた。髪を茶色
く染めた友人は、大学生活を謳歌しているようで、少しうらやま
しかった。




30 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 23:13:54.71 ID:gQbeS8/c0
「お前は何してんの?」と聞かれても返答に困るが、
それを察した友人は、「息してんだろ?」と言って笑ってごまか
してくれた。

店を出て、家に向かう道すがら、友人は合コンを提案してきた。

「どうせ彼女いないんだろ?」と言われるのは少し腹が立ったが、
それでもその通りなので、行かせてもらうことにした。

家に帰ってカレンダーに印をつける。無職なのに忙しくなったな、
と息をもらした。





31 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 23:15:03.95 ID:gQbeS8/c0

翌日、昨日の友人から電話があって、俺はバーに向かった。

着いてみると友人はすでに席についていて、隣には女性が一人座っ
ていた。

彼女さんらしい。なかなかに可愛い子で、それでいて知的な印象
を受けた。

俺も自己紹介を済ませ、モスコミュールを頼んだ。




32 :名も無き被検体774号+:2012/03/06(火) 23:16:10.89 ID:gQbeS8/c0
「特に用事はないんだけど」と言われ少し拍子抜けしたが、こい
つらしいな、と少しほほえましくもあった。

彼女さんは合コンのことは知っているようで、「絶対人気でしょ」
とか、「彼女いないとか嘘だよね?」とかしきりに褒めるので、
俺はついついにやけてしまう。

友人はマスターと知り合いなようで、俺の知らないゲームの話な
んかしたりして盛り上がっていた。





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, おすすめ, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, おすすめ, 青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20120308002933