2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

おすすめ記事

嫁と間男を血祭りにしてやった。今は悠々自適に暮らしてる。
 
旅に出たら人生が変わった
 
子供を使って盗みをしたキチママが事情聴取で嘘の証言をしていた事が発覚し、自宅凸へ
 
昨日、嫁の墓参りに行ってきた
 
ゼミの合宿で好きだった子のセク●スを見てしまった
 
お嬢様で処女だった彼女を10年かけて調教した結果
 
汚嫁の浮気現場に凸で間男をボコボコに。その後、一度行方知れずになった汚嫁のその後。
 
汚嫁が間男と共謀して俺の子を堕ろした事が発覚
 
3年越しに女友達と強引に変態セクロスに及んだ話
 
たった一つのカメラ盗難がその後起こる大事件の序章に過ぎなかった話
 
1000万円以上を間男に貢ぎ、ハメ撮りまでされたあげく、二股をかけられていた事が発覚した哀れな汚嫁
 
俺が叔母に育てられた話
 
全裸の女を拾った
 
急用で単身赴任先から自宅に戻ると嫁が全裸で四つんばいで男とパコパコしてた。その後、色々あり最終的に完全勝利へ。
 
妹とSEXしてしまいました
 
プロポーズ予定の彼女の浮気現場に生で遭遇。俺は一夜のうちに最低限の荷物とともに家を脱出した。
 
婚約者を襲ったレイプ犯に復讐した
 
嫁の心を信じて他の男とデートするのを公認。まさかの事態に。
 
汚嫁の凄まじい内容の浮気に数ヵ月前から完璧な準備を重ね、仕掛け発動後、高見の見物しながら実況する
 
軽い気持ちで他人に貸した彼女が凄まじい勢いで調教されていき、遠い存在になりつつある
 
 
 

幼馴染でもある彼女が1ヶ月距離をおいたら雰囲気が変わってた









953 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 02:09 ID:hEn0SUKT
幼稚園からずっと学校が同じで、大学に入ってようやく交際する事が
出来ました。ずっとお互い意識はしていたようですが、何だか存在が
当たり前すぎて、言うに言えなかったってとこです。

そんで大学入ってこっちから告白しました。
さすがに付き合うと言う事より他の男には指一本触れさしたくないと思ったんで。
そんで交際も順調でしたが、お互いが初めての彼氏彼女だったので、
キスまで半年もかかりました。そんなに焦りはしなかったけど。
でもキスまで進んでも初体験・・・ってスムーズにはいかなかったんだわ。

後から知ったんだけど、彼女は色々と
中学の時の先生(部活の)に相談してたんだわ。
しかも、やっかりな事に男の先生。
結婚してるけど、30前半でかっこいい先生。
当時はかなり人気があったけど、一部、変態なんじゃないかって噂もあった先生で、
どうしてそんなに彼女が信頼してるのかわかんなかった。






954 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 02:18 ID:hEn0SUKT
嫉妬したけど俺はその先生は殆ど関わりがなかったし、
嫌っていたタチたがら相談してるって知ってからも特に立ち入らなかった。

就職活動の時期になって、俺が最初に就職決めたんだけど、その後すぐに
彼女も無事に決まったわけで、当然お互いでお祝いをしあって、彼女の方から
母校に報告しにいこうと言ってきたわけ。








955 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 02:19 ID:hEn0SUKT
高校、小学校・・・最後に中学校に行ったんだけど、何か久々であまり知ってる先生は
残っていなかったんだけど、教室とか世話になった先生とかすごく懐かしかった。

そんで授業中だったから、とりあえず放課後までいることになって部屋に案内されて
そこで二人で待ってたら、例の男の先生が入って来た。

彼女が嬉しそうに内定を報告すると、その先公は俺の目の前で彼女を抱擁して
頬にキスをしやがった・・・さらに不思議なのは彼女が拒否反応を示さない事・・・

しかもその後も彼女に馴れ馴れしい外から見れば馬鹿としか言いようのない口調で
彼女の髪や身体をべたべた触りながら喋ってやがった。
「裕香ちゃん、この後空いている?ご馳走するよ」
だって・・・完全に俺の事を無視して二人の世界に入りやがっていた。






957 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 02:26 ID:hEn0SUKT
裕香(=彼女)は当然俺の目を気にして断ったが、多分、俺がいなければ
確実にOKしていたと思う。
先公は裕香の携帯もメアドも知っている風だったし。

裕香と話は終わったのに何故か席から離れず、かと言って俺におめで
とうを言う訳でもない。あんな光景を見て俺も先公と喋る気もしなかった。
むしろ怒りがこみあげていた。

先公はもちろん、触られていても拒否反応を示さない裕美に対して、
怒りがこみあげていた。

・・・もしかすると、相談をしている時って、いつもああなんじゃないか・・・?
と思い始めた。だとしたら裕美の態度も納得がいくし。

先公も俺がいるからと言って遠慮する必要はないだろうし(普通の人
は遠慮するが・・・)とにかく俺は早く帰りたくて裕美に帰ろうと言った。
「じゃあ・、先に帰っていいよ。私はもう少し残るから」・・・・・・

・・・俺はそのまま怒りで席を立ったが、俺の背後で先公がニタリと笑っている
のだと思うと背筋がゾッとした。

このまま振り向いて奴を殴りたかったが、大人の対応で俺は先に帰った。






960 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 02:37 ID:hEn0SUKT
その後は裕美から、食事に行くから今日は連絡出来ないとメールがあり、
(何故俺も誘わなかったのか・・・と疑問だった)俺の怒りは頂点に達した。

翌日から俺は完全無視まではしなかったが、裕美を避けたり電話やメールを
無視したりしていた。

すぐに許すというか話し合おうと思ったが、
裕美の「何で怒ってるかわからないんだけど」の言葉にどうしても許せなかった。

1ヶ月・・・恐ろしいほどの長い期間に、裕美に対する愛情は膨れ上がるばかりで
俺は耐え切れなくなり、裕美と話し合って、
結局は俺が自分勝手だった事で仲直りをした。

このときの裕美に雰囲気が違っていたのには 俺は仲直りの喜びでまったく
気が付かなかった。





964 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 02:49 ID:hEn0SUKT
すみません。sage入れ忘れてしまいました。
続けます。


その日から何だか裕美の様子の変化に気づいた。
そして不安になった。

俺だけではなく周囲の奴も変わったと言ってきた。
「おまえら、ついにか・・・!」

最悪の質問だが、少なくとも俺たちが付き合っているのを知っている
奴らはみんな、こう思っていたと思う。

だが裕美とはやっていないし、裸を見たこともまだない。
頭の中にあの先公が浮かんできたのは言うまでもない・・・





965 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 02:52 ID:hEn0SUKT
すみません・・・全部書いたら先公を殴りに行く事を許してもらえますか・・・?
心がダークになってきました。
殴りたい殴りたい殴りたい・・・

と言いつつも続き書きます。





966 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/07/26 02:52 ID:YCTCBcZz
殴れ。




967 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/07/26 02:55 ID:1l4Kc7X1
不倫してたんなら嫁さんにバラしてやるとかどうよ。




969 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 03:02 ID:hEn0SUKT
967さん>そのつもりでした。もう少しで出て来ます・・・
離婚した女房に何を言えば(続きの中で





968 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 03:00 ID:hEn0SUKT
それからと言うもの裕美とは決してうまくは進まなかった。

裕美が大人に見えたし、聞いても「何も変わってないよ」と決まった返事。
やっぱりあの先公と何かあったと思った。
裕美は奴に、社会人になってからの事や卒論の事などで色々と相変わらず
相談に行っていたみたいだった。

大学の卒業間近に俺は裕美を誘って二人で旅行に行こうと誘った。
裕美との二人の最後の思い出の場所・・・熱海の旅館・・・まさか、
裕美と卒業前に別れる事になるなんて信じられなかった・・・






971 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 03:07 ID:hEn0SUKT
夜も遅いので、まとめ書き込みで4連発で終わりです。
悲しいので一気に書きます。
と同時に先公を殴りたい衝動にかられてます・・・

ちなみにハッピーエンドのハの字もこれから先は出てきませんので、
崩壊と絶望に向かって一直線を走るのみです。すみません・・・
ハッピーエンドに出来なくて・・・





973 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 03:14 ID:hEn0SUKT
書き終了です・・・欝だ・・・
人の心に穴を開けそうな展開が続きそして終わります。
みなさんの心の準備はOKですか・・・眠れなくなったらすみません。





975 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/07/26 03:16 ID:tf1sk7RX
そう、全てを出しちゃって下さい。




976 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 03:23 ID:hEn0SUKT
では出します・・・深夜の欝世界・・・
暴力はしません・・・それに公の家には・・・





987 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 04:44 ID:rdZ4f9SI
今にして思えば旅行の日裕美の様子が明らかにおかしかったのだが、
浮かれていた俺は緊張しているだけだと思い特に気にとめなかった。

熱海の旅館に着くと女将さんに「先にお見えになっています」
と俺達に言った。
何のことかわからない俺は困惑して躊躇していると、
裕美は「わかりました」とだけ言い女将さんと一緒に歩いていった。

事態の飲み込めていない俺は黙って付いて行くしかなかった…





988 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 04:44 ID:rdZ4f9SI
部屋に案内された俺は言葉を失った。
そこにはあの先公がいたのだ。

先公は俺には目もくれず裕美に近づき抱きしめてキスをした。
裕美も嫌がるどころか首に手をまわし「会いたかった…」と呟いた。

先公はさらに裕美の胸をまさぐりだしたが裕美は抵抗する様子もなかった。
俺は、やはり裕美はこいつにやられたのだと悟った。

俺は絶望と悲しみで放心状態だったが、先公はそんな俺を一瞥すると
「裕美はもう俺の女だ。わかったらさっさと帰れ」
とニヤニヤ笑いながら言った。

俺は何も言えず、逃げ出すようにその場から離れ一人帰京した。





989 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 04:44 ID:rdZ4f9SI
その後共通の友人を通して、
裕美があの一ヶ月の間に毎晩のように
先公と会っていたことや先公が離婚したことを知った。

数ヵ月後、俺の元に結婚式の招待状が届いた。
そこには憎むべきあの先公の姿と、
俺が手に入れることの叶わなかった
裕美の幸せそうに微笑んでる姿があった。





990 名前: 完結職人 投稿日: 03/07/26 04:46 ID:rdZ4f9SI
以上でつ。お粗末様ですた。





 
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:寝取られ,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140112184939