2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

何が本当に大事で何が俺に必要か。大事な人が側に居てくれる事がどれほど大切な事か、その時の俺は何も解ってはいなかった。






http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/bike/1115563360/


123 :74RR:2005/05/12(木) 11:22:43 ID:Yre6ZnGt
>>118
事ちょっとだけ書きます。

ある年の秋帰りのソロツー途中憩しに寄っで、250ツアーにたがりダブジャコヨク着こなした、小愛いオャノコに思い切って声かけた。



は2stオフで林道フル装備、見た目185セン95キで人に言わすたい大男

更にメットを脱いだ顔は実に殿い体育会


んで最彼女は明らかに引いていた、もジャンは違えどバイ同士、旅や温泉り上がり、自然にアドと携帯を交換して別た。


雪国間は乗れなので、一日おきくらいにメールの交換をした、彼女は京の人でつ年、仕事都合でこっ来てると言

容は春になったら緒に走りたいねとか他の無い話が主だった。



春になると二あちこちに日帰りで出掛けて、当たり前に付始めた

を繋いでツーリング先の湖畔を歩き、木陰でスしたりし帰りに初エチした

このてない俺に初めて彼女ができた

にまク乗りカホ、俺は頂天った。





155 :123:2005/05/13(金) 22:22:56 ID:MiEo0Z2k
>>123からの続きです

身長で35センチ、体重は50キロ以上の差があるブサ顔の俺と小顔で可愛い彼女、よくある言い方をすれば美女と野獣って感じだった。

俺たちは休みが合うたびにいろんな所にバイクで連れ立って出掛けた、雨が降った日は俺の車でドライブ、

彼女は人の多い有名な観光地などにはあまり行きたがらない、訳を聞くと、私は東京生まれの東京育ちなので人が多いのには飽き飽き、とにかく静かな所がいいと言う。

それを聞いた田舎者の俺は、都会の人とはそんなものなのかなと、深く考えずに納得した。

それに俺の方も静かな場所で二人きりになるのは嬉しいので、特に異存は無かった。



そんな訳で誰もいない海岸、辺鄙な場所にある森林公園などが定番のデートスポットだった。

んでチャンスがあればどこでもキスばかりしていた、全く見事なバカップルだ。



その内互いが読書好きの活字中毒なのも分かり、バカデートするだけでなく持っている本の貸し借りもする様になった、話題の新刊本を同時に読んで感想を語り合ったりした。

俺は彼女のことが好きで好きで堪らなかった。

付き合い初めてから二ヵ月間くらい、まるで夢を見てるみたいだった。


つづく




187 :123:2005/05/14(土) 17:54:42 ID:0dTFjXUl
夢見るような毎日でも、さすがに付き合い始めてから3ヵ月くらい経つと少しは冷静になってくる。

するとこれまでは気にならなかった彼女の行動や言動になにか違和感とゆうか、不自然を感じる様になってきた。



たとえばデートはいつも昼間だけ、晩御飯を食べに行こうと誘っても明日仕事が早いからとか、同僚と飲み会だからとか言って断られ続けた。

アパートで一人暮らしと言っていたが、一度も部屋には呼んでくれない。

訳を聞くと散らかっているからとか、今日は東京から友達が来るからとか言ってこれもまた毎回ダメ。

当然泊りのツーリングの誘いも断られる、キャンプツーが何より大好きな俺はこれが一番悲しい。


誰かに相談したかったが、俺の友人は俺と同じく体育会系の筋肉馬鹿ばかり、この手の相談ではアテになりそうにない。

そして同じような事が何度も続くと、俺の中にある不安が芽生えてくる。

図体はでかいが小心者の俺の不安は疑心を呼び込む、それを放置しておけばいずれは彼女との間に暗鬼を産んでしまうだろう。

そうなる前に何とかしなければ・・・

続く




354 :熊男 ◆45HBJQcJTY :2005/05/19(木) 13:01:11 ID:Q3cxX1Rr
梅雨が来た。

雪国の短い夏に向けた産みの苦しみの時期、俺はいつもの年より100倍暗かった、原因は無論彼女の事。

悩みの種はズバリ『彼女は人妻なのでは?』だった、

そう考えると全ての辻褄が合う、彼女の行動、言動、静かな場所が好みだと常々言っていた事までが疑わしい、人込みが嫌いなのではなく、俺と一緒になのを見られるのはまずい人達の目から隠れるためでは・・・

それに当時女性と付き合った経験がほぼゼロだった俺がこんな事を言うのは何だが、彼女の女としての立ち居振る舞いは、なんつーか、年齢に比して成熟しすぎているような感じがした。



その後も会うたびに、今度こそははっきりさせるぞと意気込むのだが、・・・話せない、もし彼女が『隠しててごめんね、もう終わりにしましょう』等と言ったら俺はどうする?

某競技に打ち込んだ高校時代にはインターハイや他の大きい大会にも出場した、どんな大舞台でも臆したことはない、その延長で仕事にも打ち込み、ある程度の評価はされていた。


だが彼女を前にすると、俺は単なる低能筋肉馬鹿だ、今考えてもまったく情けない。


だがやがて夏が来て、俺にとっては唐突なある事が起こった。


続く





355 :774RR:2005/05/19(木) 13:58:17 ID:kKJL+69m
>354
な、、な、何がった?



381 :熊男 ◆45HBJQcJTY :2005/05/23(月) 02:46:34 ID:pB3BJgX6
夏が来た。

とはいってもその年は毎日雨ばかりだったな、思うようにバイクに乗れないイライラ、忙しすぎる仕事、そしてもちろん彼女に関する心配事、とにかく欝だった。


そんなある八月の雨の日、俺は彼女とドライブに出掛けていた。

その日は珍しく、人の集まるデパートに買い物しに行きたいと言い出す彼女。


今までそんな事は一度も無かった、『え・・・・?』と馬鹿みたいな反応をする俺。


何故かいつになく明るい今日の彼女、一緒に手を繋いで並んで店内を歩き、あれこれ見て回って結局何も買わないw

出会って以来初めて、と言っていい普通のデート。
鬱な気分はいつまにか消し飛び、心行くまで楽しみながら俺は、もしかして彼女が人妻なんてのは俺の嫉妬から来る勘繰りに過ぎなかったんじゃないかな、などと楽観的な事を考えていた。


楽しい時間はあっという間だ、いつもなら彼女が帰ってしまう時間が近くなって来たとき、さりげなく彼女が言った。


『ねえ、これから私のアパートに遊びに来ない?』

なんと初めて部屋に誘われた、やはり彼女は人妻などではなく、今まで都合が悪かっただけなのだ!

と、瞬時に都合よく解釈した俺、もちろん『行く!!!』と即答した。


続く。





383 :774RR:2005/05/23(月) 09:15:46 ID:1q4Vf6Zb
>『ねえ、これから私のアパートに遊びに来ない?』

(;´Д`)ハァハァ



384 :774RR:2005/05/23(月) 20:21:41 ID:IAz5RNlg
彼女の供たちを紹介れるけだな。




385 :4R2005/05/23(月) 21:45:51 ID:l9p92RdI
壺の品評会だな、買わされたことがあるからわかる




386 :774RR:2005/05/23(月) 21:55:13 ID:T/RTPEKk
いや、教材の販売だと思うぞ。買わされたことがあるからわかる!




387 :774RR:2005/05/23(月) 22:16:10 ID:9DPIMAeE
おまいらばかだなあ、絵画に決まってるじゃないか。買わされたことが(ry




522 :熊男 ◆45HBJQcJTY :2005/06/02(木) 23:33:25 ID:2RbR5U6o
待ち合わせ場所の公園に俺の車を置き、彼女の軽に乗り込み部屋に向かった。

その車内では彼女はほとんど口を開かず、会話の無いまま商店街の近くにあると言うアパートに向かった。


なんだか口を開かないと言うより、運転に必死で口を開けないような感じだった。

それでも十分程でアパートの前に到着、建物は新築ではないが小綺麗な感じ。


彼女の後に付いて部屋に向かうと、ドアの横に見慣れた250ツアラーが置いてある。

間取りは1DKで、いかにもな一人暮らしの部屋。家具はほとんどなく、ベッド、小さな本棚、14型のテレビ、PS2。

後は冷蔵庫と洗濯機があるくらい、これで全てのシンプルな部屋だった。


冷蔵庫を開けながら彼女が『ビール飲む〜?』と聞いてきたので、俺『いや運転が・・』と言おうとして気付く、これは泊まっていってくれと言う事か!?

そうだ、そうに違いない!

ちらりとベッドを見ると枕が二つ!もう間違いない!

こうして止まらない妄想列車に乗った俺、明らかに落ち着きが無くなっていたw

つづく




524 :熊男 ◆45HBJQcJTY :2005/06/02(木) 23:59:12 ID:2RbR5U6o
両手に缶ビールを持って、近づいてきた彼女が片方を俺に差し出した。俺はビールを持ったままの手首を掴んで、そろそろと片手で引き寄せる。

妄想の勢いに任せて力一杯引っ張りたい所だが、何せ体格が違いすぎる。壊れ物を扱うように優しく、あぐらを組んだ膝の片方にひょいと顔をこちらに向ける格好に座らせた。

彼女『何すんのよ〜プンプン』などと言っているのだが、顔中で笑っている。

ここで初めてビールを受け取り、プルタブをカシュンと開けて乾杯。安い発泡酒だったが、とても美味く感じた。よく覚えている。

そこから暫しの間は、スレ違いなので(ry




・・・・俺の腕枕で微睡む彼女、俺は幸せだった。頭の中からはさっきまでの疑惑など、きれいに忘れ去られていた。

つづく

今日はここまでです、次もなるべく今週中にうpしたいと思います。

おやすみなさい。




525 :774RR:2005/06/03(金) 00:08:07 ID:dF5quH2L
その略された部分が



556 :熊男 ◆45HBJQcJTY :2005/06/04(土) 00:30:44 ID:fZXN1SuQ
りから覚めた彼は、『ねぇ、泊まてくでし?』。

俺はに『うん!』と答えたよっ〜初てのお泊りだ

、職場までは車で半の距離だが気にしない。朝いつより、早きすればいいだけの



れから二人で近所のーパーに買、二人親子丼を作って夕

の細は茶わんで一杯しか食べなかで三杯食ったいの俺をみてすごすごいと大喜びしていた。


食後はPS2で対戦格ゲーに熱中かなのゲーであることも明したw

彼女は対戦でと、口をへの字にして悔(-へ-#)

あそんなこんなで夜も更けて綿ベッドに入って腕枕し(ry

・・ん翌朝当然に寝〜遅刻〜居の3コンボ。

先輩や上司に一日中怒れっなし、でかい図小さくして縮していた


殿(・∀・)ニヤニヤ

れか休み前の晩から泊りに行き、まる日の早帰る生活がった


づく




557 :熊男 ◆45HBJQcJTY :2005/06/04(土) 00:37:54 ID:fZXN1SuQ
も言ばいいだか、そな生が始まって一くらいたったある日の晩の

ゲームをしていどうも女の段と違う

気にって退『ど尋ねてみると『うう・・何でもい』と言う答え

俺は彼女のに向き直り『何でもゃねえ、何でも聞いてやから言ってろ!』と、やや調で言った



ると女は、こ以上ない位言いにくそうにしながら。

彼女のね・・宿・実は言わいでならそしたかったんだけど』

『・・・・』

彼女『やっぱり男さんには嘘をつけない、好きな人にし事出来ないよ・・・

『・

あのね・・・結論稿うね、・・・・あたし、婚する事に

は冷静った、おにしばらく口黙が続く

女『驚ないっは、やっぱり気付いのね?』

の質問で沈黙を女。

まあ・・・ね』

からの長始まっ

つづ





577 :熊男 ◆45HBJQcJTY :2005/06/04(土) 21:00:17 ID:fZXN1SuQ
少しずつ、絞りだすように話しだした彼女。

長い夜が始まった。



彼女『あたしは高校を卒業して、○○○○(社名を言えば誰でも知っている家電メーカー)に就職したのね。それでね、製品の検査をする部署に配属されたの。


入社して1年くらいは、仕事を覚えるのに精一杯。免許を取ってバイクに乗り始めたのは仕事に慣れて、少し余裕が出てきた2年目の春だったの』


俺『今のバイクはその時に?』


彼女『ううん、最初は中古のアメリカンだった。でも凄いカスタムしててね、ぶらさがるようなハンドルでベタベタにローダウンしてたの。 すんごく乗りにくかったから、半年くらいで売って今のツアラーにしたの。イージライダーって映画知ってる?あれに憧れててね(ry』


俺は話がそれて来ても何も言わず、話したいままに話させていた。

そんな訳で彼女は、しばらくハーレー・ダビッドソンへの憧れに付いて熱く語っていた。

つづく





582 :熊男 ◆45HBJQcJTY :2005/06/04(土) 21:14:21 ID:fZXN1SuQ
ハーレー話が一段落すると、また話が元に戻った。


彼女『でも周りにバイク乗る人が誰も居なくてねぇ、いつも一人で走ってた。

バイクは楽しいんだけど、仲間と楽しそうにしてるバイク乗り達を見てるとちょっと寂しくなったりもしたよ。』


俺『(うんうん)無言で頷く』


彼女『そんなときに、あたしの部署に新人が配属されたの。地方出身の男の子、二つ年下でひょろりと背が高い子。そう、熊男さんと同い年。

その子が高校時代に原付乗ってたって言ってたのね、大きいバイクにも乗りたいとか言っててね。

二人でバイクの話ばかりしてたわ、それでそのうち自然に付き合うようになって・・・・それがいまの夫』


俺『・・・・・』


彼女『付き合い初めて、すぐ彼も免許とって。二人であちこち走ったわ、そのまま付き合い初めて何年か経った。』


彼女『んで、一昨年プロポーズされた。田舎に戻って家業を継がなきゃならない、俺と一緒に来てくれって・・・悩んだけど、去年の春結婚してこっちに来た。』


彼女『彼の実家近くのアパートで、暮らし始めたんだけど・・・』


そこからは、特に話すのが辛そうだった。


彼女『楽しかったのは最初だけ、一ヵ月もすると様子がおかしいのに気付いたわ。

私がいる時には携帯の電源を切るようになって、パチンコしに行くと言って頻繁に出掛けるようになった』

つづく





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150425072128