2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

幼馴染みのおかげで生る希望が持てた話






1 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 14:33:33.64 ID:U+40U13m0
完全な自己満足の自分語りだけど、聞いてくないか?





2 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 14:35:56.01 ID:ndmR54i50
聞いてあげよう




4 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 14:42:02.28 ID:U+40U13m0
最初に言っておくと、書き溜めはなしスマホからだから遅くなるとは思う。

出会いは小学校低学年の時、俺が幼馴染みが住む街に引っ越してきたとき。

第一印象は「明るいけど不細工な子 」だった。




5 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 14:47:32.04 ID:U+40U13m0
引っ越してきた理由は親の離婚。

物心ついた時には既に不仲で、家の中は常に険悪な雰囲気だった。

おかげで表の自分と裏の自分が周りに比べて、随分早い時期に出来上がったように思う。

これが後々問題になってくる。




6 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 14:53:01.53 ID:f3bjsPQG0
(´・ω・`)書き溜めしたほうがいいと思うよ

(´・ω・`)…私の経験的にね?




8 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 14:55:55.01 ID:U+40U13m0
>>6
物事を組み立てるのが苦手なので、その場で思い付いたように書きたいのです。







7 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 14:54:32.99 ID:U+40U13m0
そんなこんなで、新しい生活が始まったわけだが、幼馴染み…不細工な子とは家が近くて通学バスが一緒だった。

(これからは幼と書くことにします)

それから話は飛んで高学年になった頃…女の子が恋愛に興味を持ち始める時期。

幼も例に漏れず好きな子が出来たらしい。




9 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 15:02:51.57 ID:U+40U13m0
思い当たる節がある人も多いと思うが、その時期は、やれ誰が誰を好きだの嫌いだのって異様に盛り上がる。

恋愛相談とか何とか言って、放課後に男女混じってよく話をしていた。

そのなかに自分と幼もいた。

その時に幼に好きな子がいることを知った。




12 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 15:07:22.32 ID:U+40U13m0
その子をS君としよう。

男の子にしては成長が早く、周りより垢抜けた感じの子。

第一印象は不細工だった幼も、その頃にはぽっちゃりだったものの可愛くなっていた。

高学年の時期に告白するのは大抵が女の子。




14 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 15:11:19.18 ID:U+40U13m0
幼も告白を決心したらしく、自分を含めた周りで応援することになった。

そこでS君と仲の良かった自分が、恋のキューピッドをすることに…。

当時、携帯を持っている子は少なかったが、自分とSは持っていた。




15 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 15:16:14.74 ID:U+40U13m0
そこで、幼なじみも携帯を買ってメールをし、仲良くなってから告白する。

という作戦が立てられた。

自分がSとのメールでさりげなく幼なじみの話題を出して、二人のやりとりのお膳立てをすることに。




18 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 15:21:47.32 ID:U+40U13m0
その為に幼なじみとアドレスを交換した。

最初のやりとりを取り持った後も、幼なじみとメールは続く事になる。

恋愛相談とかそんな内容。

自分と幼なじみには、この(メール)というツールがかなり重要になってくる。




23 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 15:27:42.25 ID:U+40U13m0
一応書いておくと、この頃自分は幼なじみの事を何とも思っていなかった。

しばらくして二人は付き合う事に。

どういうわけか、付き合い始めても、幼なじみは自分にメールをくれた。

それも日に1、2通じゃなくて、何通も。




26 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 15:36:59.92 ID:U+40U13m0
そのくれたメールに対して、あぁ。とか、うん。

としか返信しないのにも関わらず…。

そんなこんなで、小学校卒業までもうちょっと。

というときに幼なじみとSはは別れた。

ここまでの約二年間、ほぼ毎日自分とのメールのやりとりは続いていました。




28 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 15:41:08.18 ID:U+40U13m0
さすがに二年間もメールをしていれば、自分も適当な返信はしなくなりました。

この頃です。

自分が幼なじみを気になりだしたのは…。

しかし、決定的ではありませんでした。




29 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 15:44:23.61 ID:U+40U13m0
単純に、メル友くらいの感覚です。

なのにメールが来ないと不安で、自分から送る事もありました。

人を好きになる理由としての、単純接触の繰り返し。

これが自分と幼なじみにおいては(メール)という事だったのでしょう。




30 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 15:48:05.53 ID:U+40U13m0
そんな曖昧な感情だった自分が、好きだ!と意識したのが、小学校を卒業する三日前のこと。

学校が終わって通学バスに乗り込んだ時に、幼なじみが後ろの方の席に座って、窓の外を見ている横顔を見たときです。




32 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 15:51:55.16 ID:U+40U13m0
あのときの、胸が締め付けられるような何とも言えない感覚…。

きっと恋をした事がある人にはわかる思います。

好きだと気付いたものの、すぐに春休みです。

引っ越してきてから、バスと学校にいる間は近くに居たのに、急に会えなくなった。






34 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 15:55:43.46 ID:U+40U13m0
この会えない期間が、更に好きだということを自分に意識させたんだと思います。


さて、春休みが終わって中学生になりました。

幼なじみとは同じクラスに。

先にも書きましたが、自分は表と裏の違いが激しい性格です。




35 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 15:59:44.12 ID:U+40U13m0
好きだと自覚していても、そんな気はないよ!というほんとの感情は表に出さないように接していました。

それは幼なじみに限ったことではなく、誰に対してもそう。

所謂、クールぶってる感じです。




36 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 16:02:23.58 ID:U+40U13m0
実際は、ぶってる訳ではなく、自分が周りにどう思われてるか、思ってる事を言ったら空気が悪くてなるんじゃないか?

そんな事を極端に気にしての事でした。


話は変わりますが、中学生と言えば部活です。




37 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 16:05:07.08 ID:U+40U13m0
ある部活に入る事になるのですが、それを幼なじみに話すと、自分も入ると言います。

正直、小躍りしたいくらい嬉しかったのを覚えています。

その部活は、人数が少なく男女一緒に練習するような部活でした。




38 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 16:07:15.09 ID:U+40U13m0
ここでも、単純接触の繰り返しになります。

家が近い事もあって、登校〜下校まで四六時中一緒です。

好きな子とこれだけ一緒にいて、我慢出来るはずかありませんでした。




39 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 16:11:20.24 ID:U+40U13m0
それはどうやら自分だけではなく、幼なじみも同じだったようです。

あるとき近所の公園に呼び出されて告白されます。

しかし、あくまでクールな自分。

所属している部活が恋愛禁止だった事もあって、ほんとは嬉しいくせに断ります。




40 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 16:16:20.83 ID:U+40U13m0
これが中1の夏の出来事。

断ったのにもかかわらず、メールのやりとりは続いていました。

そのまま冬まで特に変化はなく進みます。


クリスマスシーズンになると、周りにはちらほらとカップルが誕生し始めます。




41 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 16:19:55.74 ID:U+40U13m0
そんな雰囲気に当てられた自分…。

しかも幼なじみが自分の事を好きなのは明白です。

一大決心をし告白しました。

答えは勿論OK。

ですが、あくまでクールな自分。

ほんとは女々しい男のくせにです。




42 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 16:22:18.58 ID:U+40U13m0
後から、自分のどこが好きなのかと聞くと、クールなところと言われます。

ほんとはそんな人間じゃないのに…。

と思いながらも、今までだって偽ってきたんだから余裕だろ。

そう思っていました。





43 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 16:26:52.01 ID:U+40U13m0
しかし、幼なじみと接する度に、細心の注意を払うのも限界がありました。

結局、三ヶ月弱付き合って、進級前に別れます。

自分から別れを告げました。

上に書いた事も別れようと思った理由になりますが、その他にも家が貧乏だった事もあります。




44 :名も無き被検体774号+:2013/07/09(火) 16:29:51.20 ID:U+40U13m0
離婚して、母に付いてきた自分です。

母子家庭で裕福なところは限られてくると思います。


それに比べ、幼なじみの家庭は当時の自分からすれば裕福な家庭。

ピアノの習い事などもしていました。


そういった劣等感に耐えられませんでした。






>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, 青春,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20180222090406