2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

夏の終わり秋の始まりに俺が女の子としたかったやりとりをかいてく






http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1409738195/


1 :下、\(^o^)/VIPがお送りします:2014/09/03(水) 18:56:35.55 ID:V7XCXwGv0.net
「好き言ってみて」

き好き好き好き好き好き好き、はい言

ゃあことは?

「愛してる

「…か」

はい全部貿





2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 18:57:26.33 ID:V7XCXwGv0.net
んなとから女子と同ることなり

おやすみ、を掛け合ってたしばて、背中越

「も……寝ちゃたか

さな声
事を簿たらよい物えあぐねていると

「寝て……よね」って腕てきた湿たる彼女額。
そし
。」

って彼女の小さな囁きこえてくる寝息。
ちはー眠気なぶっ飛ん非常事態だろ!





3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 18:58:13.33 ID:V7XCXwGv0.net
「俺たちが彦星と織姫になったら、どうなるかなぁ」

「働けよニート」

「馬鹿、例えばだよ。――遠距離って、やっぱ辛いのかね?」

「例えばの意味ないって。私たちはああはならないでしょ」

「さらっと倦怠期宣言!?」

驚愕してると彼女は事も無げに言い放つ

「や、私、泳ぎは得意だから」





4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 18:59:03.32 ID:V7XCXwGv0.net
遠距離恋愛とか憧れだよね。
交通費がかかるからって、変わり番こに行き来するんだろ。
バスを待つのも楽しければ、バスに乗るのも楽しいってさ、
子どもの頃に思ったこととと一緒だよな。
違うのは、その行く先に彼女がいるってことくらいで。

「おかえり!」
「ただいま」
っていって出迎えて、抱きしめてみたいよね。





5 :下、\(^o^)/でVIPが:2014/09/03(水) 18:59:34.65 ID:V7XCXwGv0.net
デーに遅刻したい。
け、見つけるの姿駆けって

「ごめん、た! ……待った?」

ううん、今来ころだよ」ってとりしたい。

我にて、何コベタすぎて呆ら、彼女がしそうに笑っる。

ういやりり、夢だ

の時間は始まっかりさ








6 :以下、\(^o^)/でVIPが送りします2014/09/03(水) 19:00:16.65 ID:V7XCXwGv0.net
下がり、部屋でごろごろしてると彼女がぽつ言いた。

「恋って所錯覚だよねぇ」

「ユングで読んだ?」

ンダールの名言でしょ、ないな

「うっせ。で、そが?」

「……い気に戻っちうのかな」

彼女から俺は、のっそ上体起こしがら言うんだ
大丈夫だろ、って。だっ

「俺が何度だって錯せるかさ」

た、とけてたら女がケタい出す。

今ので125回の錯覚」

れ直直に言えよ、と茶化にしよう





7 :寿(^o^)/VIPがお2014/09/03(水) 19:01:07.52 ID:V7XCXwGv0.net
自己ベス更新ちゃね。もうギ狙えるレベルだよね

らし?」

「あら分と活きのい。これおい

ごめん非売品。で、なにが?」

「ん〜、>>1を好きだっち、か

い全部俺。





9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 19:01:39.86 ID:V7XCXwGv0.net
七夕の前日、自室でてるてる坊主作った彼女。
けれど完成品を、カーテンレールへ逆さまに吊してしまう。

「いや、なんで?」
「だって一年に一度じゃん」

二人きりにしてあげたいし、と彼女は言う。
そんな不器用な優しさが、
俺はたまらなく好きだろう。

七夕は織姫と彦星に倣って
お部屋デートにしようか。





11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 19:02:37.35 ID:V7XCXwGv0.net
七夕近く、スーパーで夕食の買出ししたい。
そしたらなんか憩いの広場的なところで彼女が

「あ、笹と短尺出してる」
「書くんか?」

「もち。っと……ん。完成」
「? じゃあつければ?」

「お星様には出来ない事だから」

彼女は悪戯っぽく笑いながら、
短尺を俺へ渡す。見れば、

『ずっと好きでいてね?』

……叶えてやるとも、って、力強く、俺も笑って。





12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 19:03:30.69 ID:V7XCXwGv0.net
「迎えに来なくていいって行ったのに! なんで来たの?」

「んー、夕日が綺麗だったから?」

「もー、夕日さんありがと☆」

いや気持ち悪いのはわかってるけど
こういう会話したい

したことあるのとないのじゃ
死ぬ瞬間の満足度がちがう





13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 19:04:17.89 ID:V7XCXwGv0.net
小雨が降って傘を忘れて、
まあこの程度なら自転車だし大丈夫だろうと
ポケットからカギを出して
置き場に歩いてたら、後ろから

「>>1くん>>1くん」

と呼び止められ、誰かと思えば
傘片手の気になるあの子。

「駅までなら送るよ?」

と笑顔でいわれ、
自転車のカギをそっと握りしめて隠したい。





14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 19:04:26.37 ID:812XcRWP0.net
がんばれ




15 :、\(^o^)/VIPがします:2014/09/03(水) 19:04:50.46 ID:V7XCXwGv0.net
私さー


「荷物持寿か? て聞いて人よりさり気持ってくれる方が干好み
…えっと」


ます。」

稿よろしい

全部俺すよ綿ね。





16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 19:05:20.88 ID:V7XCXwGv0.net
深夜、飲み会の帰り。
二人きりの街並みはいつもより
少し大人しく見えた。

車なんて一台も通らないってのに、
一緒にいたいからって行儀よく信号待ちをする。
で。

「ん? おい、信号……」
「まだ赤だよ」

「……そだな」
「ね」

「うん」

そういうアレ。したい。





17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 19:06:04.60 ID:V7XCXwGv0.net
ある日電車でばったりって言うか、
偶然、落とした物を拾って渡す時
『いつもこの電車の、この車両なんですね?』
ってはにかみながら女の子に聞かれるのとか
ステキじゃないですか?

君と俺の点がその瞬間、
線で繋がる。赤色の線でさ。





19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 19:08:04.66 ID:V7XCXwGv0.net
クラスメートと帰路につきたい。

あ、家こっちだったの。
とかやりとりしたい。

そして いきなり
「んでさぁ、>>1は好きな人とかいんの」
とかふられたい。

「えーっと……その、まあ」

って目線をそらして頬を掻く
俺の腰当たりにバシー、
と通学カバン当てて、

「へぇ〜、うちのクラス?」

意地の悪そうに笑う彼女に
曖昧な返答をしながら、お前だよ、
と心中で思いたい。



おもいたいんだよぉぉぉぉぉぉ


てか人少ないな
みんな気持ち悪がってるのか...
VIPならわかってくれるとおもったんだけどな





22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 19:10:29.00 ID:V7XCXwGv0.net
手料理にレタスだけのサラダ出されたい。

「ごめんね、他に野菜がなくて」
「あ、うんん、いいよいいよ」
「買ってこっか?」

「いや、むしろ俺はこれが食べたい!」
「何その強調。ならいいけど……」

とかやりたい! ネタが解らなければ
「ハネムーンサラダ レタス」でググろうね!


かきためてあるけど
そろそろきれそう





23 :\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 19:11:14.27 ID:V7XCXwGv0.net
それで』いいよ」

ってよくう俺に、なん
んな投げやなの満をぶ

「あの『で』いいやって思ったの?」

って返答次第で
当方に迎意ありな質る彼

『が』いいやって思ったよ

見つめながらキスしたい。



?童貞





24 :(^o^)/VIPがします:2014/09/03(水) 19:12:29.98 ID:V7XCXwGv0.net
暮れ
の方どもたちの笑い声が聞る。
ああ、そうや昔はここに駄菓
あったなぁとかいながら
所の道を歩いてりして。

手に握り0円玉の匂いを思い出したものの、
あの頃にいと思なかったのは、
今、変わり
があるからだろうか
そう感傷に浸りたい





25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 19:13:29.95 ID:V7XCXwGv0.net
いやホント空港まで全力疾走したいよね。
空港まで全力疾走したい人選手権があれば
シード枠で出場しちゃうくらいだからね。

搭乗案内のアナウンスの、
あの「ピンポンパンポーン」って音を
肩で息しながら聞きたいよね。

彼女が乗る予定便はもう空の上で――

でも、後ろから

「……>>1、くん?」

ここにいるはずのない人の声がした。
とかいいよね。
いいよねぇ! まあそんな機会ないけどな!





26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/03(水) 19:14:13.98 ID:V7XCXwGv0.net
「勘違いしないでよね! 
 べ、べつに暇だから
 付き合ってあげてるんじゃないわよ、
 あんたに逢いたいだけなんだから!」

「え」

「……?」

「あの、普通……といっていいのかは
 解らないけど、逆じゃない?」

「きゃ、きゃあああああ!!?」

「うわわわわ」

とかやりたい







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:ほのぼの,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:ほのぼの,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140913091853