2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

一人旅で女体盛りをさせられるハメになった







477 :まゆみ:02/06/29 08:03 ID:egQTk0Kl
去年の10月にひとりで東北の方へ行ったときのお話をしたいと思います。

この時は普通の週末だったんですけど、土曜の朝5時ごろに早起きして車をビュウ〜ンってとばして行きました。

目的地に着いたその日に3件の露天風呂をハシゴしてしまいました!1・2件目とも結構良かったんですけど何と言っても3件目の温泉がサイコ-でした。

そこへは午後の1時頃に着いたんですが、わたしが露天に入ったときには、わたしのほかにはおばあちゃんがひとりいるだけで、しかもすぐに出て行ってしまったのでもう貸し切り状態でした!

その温泉は『玉子湯』っていうんですか、湯の花がお湯にものすごい量プッカプカ浮いててほんとに『玉子スープ』に入っているみたい!(匂いもスゴイんですけどぉ。)

『まゆみは中華の食材になっちゃったのかしら?』なんて思ったりして!




478 :ま02/06/29 08:05 ID:egQTk0Kl
空に天の秋空がひろがりには木々を揺らす風の音しなくってんとにほにもう『いうし!』です。

ムリさせてい肌にもたまにとリラックスないとイケナイすよね。

毎日このスタイル保つため腹筋とかはってるんですけど夜の通販たヤツと使っ

なかなか時間かけて使マッとか平日はきないですかね。

それとくて太の日下でみる自分の肌の色って好きです

なん暖かみがあるじゃない

ったりと広〜いた20畳ぐらいはある呂にりっきりで入、ときど画のワンシンみたいに脚だけお湯の外にだして手でったりして・・・

チョット自己酔しちました。



479 :まゆみ:02/06/29 08:07 ID:egQTk0Kl
『あ〜ん。もう、気持ちいいよ〜!』

勢いだけで家を飛び出してきたので今晩の宿もまだ取っていません。

ま、いつものことなんで『最悪また車のなかで寝ればいいさ!』ってノリであまり真剣には考えていません。

『とりあえず、今が気持ちいいからいいの・・・!』ってカンジです。



ところがそんなまゆみの夢のようなひとときをぶち壊す出来事が起こったのでした。


ワイワイガヤガヤというけたたましい声と共に、少しお腹の出た中年の男性が4人ドヤドヤと露天に入って来たのでした。

『おお〜!いい眺めですなぁ!』

『やっぱり露天にかぎりますなぁ!』

『この後のビールがたまりませんねぇ〜!』

せっかくのいいカンジがもう台無しです。

『・・・・・たしか浴室の入り口のところに”露天風呂:10時〜13時殿方/13〜16時ご婦人”って書いてあったのに・・・。この人たちそれ見なかったのかしら!』

わたしのなかで怒りの感情がフツフツと沸いてきました。




480 :まゆみ:02/06/29 08:08 ID:egQTk0Kl
4人はわたしの存在に気付いているのかいないのか、タオルで前を隠したまま次々にお湯の中へと入ってきます。(もうっ!タオルをお湯の中に入れないでって書いてあるでしょ!)

『いやぁ〜こ・れ・は・最高ですなぁ〜!』

『日頃の疲れもとれますな!は、は、は。』(OLのわたしだって疲れてんのよ!)

『はぁ〜!極楽極楽と・・。』

大変よくお喋りになるおじさま方です。

その時わたしのいた位置は露天の入り口からは1番遠い場所でそのおじさんたちからは対角に最も離れたところでした。

とはいえ、あの距離からわたしのことが見えないとは思えません。

湯面から顔だけ出していたわたしは『普通なら若い女性がひとりで入ってることに配慮していったん引き上げるとか、この状況では出るに出づらいでしょうからその間だけあっち向いてますとか、もっと紳士的な振る舞いはできないものかしら?』とイライラが積もってきました。





481 :まゆみ:02/06/29 08:12 ID:egQTk0Kl
『ここのた、品が多いんですよ!』

まあ、私はコレ(意)さえればとは何もいりませんが!あ〜っはっ

じさんのは尽

いいかげにしてよ・・婿さすにわはのました退

への憎しみに似感情がメラメラと燃え上がます

思い切ってもう出よう!』と決めました。 

てそのわたしは少し考た。

後から来たあので、気持ち入浴してたわしがスゴと逃げるように立のはおかしいか彼ら仕返して宿やりたい』と思ました。

『仕返し』っても、女であるわしにできる事に限界がります。

『普のシチュエら、女わたタオルで胸やそこを隠してクサと男の横を通過ぎますよね

でもそれって、に女性が見られ恥ずかいから”いうだけでなく、本来殿方へのなりの礼の尽し方うんよ。(違寿



482 :まゆみ:02/06/29 08:14 ID:egQTk0Kl
それなら、礼を知らないこのおじさん連中に、何もわたしだって礼を尽くす必要はないじゃないですか!』

とその時のわたしは考えたのでした。

わたしは手にタオルを持って勢いよく、それこそ『バシャッ!!』って音がするくらいの勢いで立ち上がると身体のどこも隠さずに自分の裸を見せるだけ見せてお湯の外へと出ました。

『お酒のあとはやっぱり麻ジャ・・・・・。(沈黙)』

それが面白いぐらいに、今までズ〜ッと喋り続けていたおじさんたちの会話が、わたしが立ち上がったと同時にピタッ!と止まってあたりにもとの静けさが戻りました。

『あっ、なんかいい〜カンジ。』

わたしはすっかりその結果に満足してしまいました。

タオルを絞って身体についた水滴を拭うあいだも、おじさんたちの方からは一切会話が聞こえてきません。



483 :まゆみ:02/06/29 08:16 ID:egQTk0Kl
わたしは目線は送らずに『やだ、声も出ないぐらいにわたしの裸に見入ってるのかしら?』と思ってなんだか楽しい気分になってきました。

わたしは予定を変更しました。

『もう少しここにいよう。』と思ったのです。

ゆっくりゆっくり身体を拭ったあと、露天の柵のところまで行きしばらく遠くの景色を眺めていました。

ようやくおじさんの方から『ここの地酒ってうまいんだよ・・な?』『・・・ん?・・・そ、そうだなぁ・・・。』と声が聞こえましたが、何だか先程までの勢いがまるでありません。

わたしは次第に彼らのことを『かわいいな。』と思うようになってきました。

『だって年の頃は40代後半から50代ってカンジなのに、わたしみたいな小娘の裸みて舞い上がっちゃうなんて!ふふ。』




484 :ゆみ西02/06/29 08:17 ID:egQTk0Kl
うどわたしの立っいた右横高さに、が乗って横になれる位の大退な平った1枚岩がありました。

姿かったので『で裸寝たら気持ち良さそうは思、すによじ登ってみまた。

岩がの優しい日差しカンジに温まっていたので、寝るにはとも気持ち良うです。

最初は真っで何も付けずにかとたのですが、『さにソレって恥じらいがりないかなぁ。』と思い向けにに胸こだ隠せるようにタオを広げて乗せました

でも、タオルのがチョット狭くてうしても左右ちらかの乳首が出てしまい

わたいはそれをおじさまたちから見える側寿をほミ出させて、心のなかで『ス。と呟いいまた。



485 :まゆみ :02/06/29 08:19 ID:egQTk0Kl
時折さわやかな風が吹いてきてわたしの肌をなでていきます。

『う〜ん。サイッコーに気持ちい〜い!』

わたしは徐々にまどろみの中へと入っていこうとしていました。

そんな時4人のおじさまがわたしのスグ側までやって来て、やはり柵越しに景色について語りはじめました。

『あれが・・・○×△山だろう?』

『それは、あっちじゃないか?』

わたしは目を閉じたそのままの姿勢で寝続けていました。

『いまオッパイ見られてるのかしら?』

チョット気になります。


突然4人のうちのひとりがわたしに話しかけてきました。

『お嬢さんは今日こちらにお泊りなんですか?』

わたしはもっのすごーくビックリしてしまいました!

何故かわたしは『絶対に声なんて掛けて来られない』と決め込んでいたので少しパニック状態になって、あたふたしてしまいました。




486 :まゆ貿:02/06/29 08:21 ID:egQTk0Kl
いたい、貿こん備な格好をしてる女ってんな話しればいいんだろういまさら胸か隠しりするのなのかし!?

の中真っ白って、結局『今日は・温泉だ・・こ、こにまりま!』って、のま戻っちゃいした。

あ、ご家族かそれともボーイフンド(懐かしい言い方!とでもきてかな?』と立て続けに聞か『い、わたしひとりです!ひとりできんです』と枚岩に腰おろしてタオルでを隠しがら答えました

な会話じゃくて普通の話をするのってとずかしいね、何だか心とちゃうみたいで・・・。




487 :まゆみ:02/06/29 08:22 ID:egQTk0Kl
『ひとりできたんだ、へぇ〜。それならホテルかどっかに泊まるんだね?』

わたしは何も全てを正直に答える必要はなかったんですけど、わざわざ作り話をする必要性もなく

『今日はまだ泊まるとこないんです。車の中でもわたしへっちゃらだし・・・。』と答えました。

するともうひとりのおじさんが話に入ってきました。

『それなら、この宿に泊まりなよ。おじさんね、この宿の主人とは長い付き合いでね。おじさんが頼んだら、君ひとりぐらいなんとかなるって!』

せっかくのお話ですがわたしは懐具合が気になりました(ここって一泊いくらするのかしら?)。

『そうだ!お嬢さん、今晩われわれと一緒に夕飯食べるってのはどうだ?そしたらここの宿代も食事代も気にする事ないから。われわれも男だけより華があっていいよなぁ?』

『そうだそうだ!』

おじさんたちは勝手に盛り上がっています。



488 :まゆみ:02/06/29 08:25 ID:egQTk0Kl
突然のお誘いにわたしの心はグラついてしまいました。

『予定に無かった”お食事付きお布団付き”はすご〜く魅力だけど、この年代の人って、わたしにしてみれば会社の部長・課長さんってカンジなので、食事っていっても、ずぅっとコンパニオンみたいにお酌とかさせられたんじゃイヤだなぁ。』と思いました。

わたしがすぐに答えを出せずに悩んでいると、『だったら気が向いたらおいで。いつ来てくれてもいいように準備して待ってるから。いつも奥の離れの部屋をとってあるんで、女中さんに聞けばすぐわかるよ。』と言われました。

そして4人は『じゃあ、待ってるよ-!』と言ってあまり強引に誘うでもなく露天から引き上げていきました。

わたしは本気で『どうしよう?』と考えて、考えているうちに(朝早かったので)眠くなってしまい、更衣室のとなりの休憩するところのマッサージ機で寝入ってしまいました。




489 ::まゆみ:02/06/29 08:26 ID:egQTk0Kl
目が覚めるともう時刻は夕方の6時で、あたりもすっかり真っ暗になっていました。

さすがにもう今からどこか安宿を探すとか、車で寝られるところを探すという気力は起こりませんでした。

『お言葉に甘えてお世話になっちゃおうかしら・・・。』

わたしは宿の人に案内されて本館から少し歩いて離れの部屋へといきました。

そして障子の隙間を20センチぐらい開けて顔だけヒョコっと出すと、中から『おお〜!!待ってました!』

『いやあ、本当に来てくれたんだあ!』と大歓迎をうけました。

(障子の隙間を20センチぐらい開けて顔だけヒョコっと出すと中から『おお〜!!待ってました!』

『いやあ、本当に来てくれたんだあ!』と大歓迎をうけました。)

『ほんとにお邪魔しちゃってもいいんですかぁ?』とわたしが言うと

『いいとも、いいとも!さっ、早く入って!』とおじさんの1人に手を引かれてわたしは部屋の中へと通されました。




490 :まゆみ:02/06/29 08:28 ID:egQTk0Kl
見ると4人で使うにはチョットもったいない位の広い部屋に5人分のお料理が運ばれていて、それらが1人前ずつ分けて配膳されてました。

もう皆さんお酒は始められてるようでかなり陽気に話し掛けてきます。

『きみ、名前なんていうの?』

わたしはまず自己紹介することにしました。

『あっ、本日はご夕食にお招き頂きまして有難うございます。わたしは内川まゆみといいます。いま22歳です。OLをやっています。え〜・・・これから(?)よろしくお願いします!』

何を言っていいのやら、取り敢えず当たり障りのない挨拶をしました。

『まゆみちゃんかぁ。じゃあ、まずは一杯!』

よく冷えたグラスビールが渡されました。

わたしはお酒はまあまあイケます。(特に強いってわけではありませんが。)

そして『それじゃ、まゆみちゃんとの出会いを祝して・・・』と1人が言い全員で『カンパ〜イ!』とグラスを交えました。




491 :まゆみ:02/06/29 08:29 ID:egQTk0Kl
わたしは『その場が盛り上がる』と思ってそのグラスに入ったビールを一気に飲み干しました。

案の定、『良い飲みっぷりだねぇ〜!』と言われてすぐさま新しいビールをなみなみと注がれました。

わたしは正直言って早く目の前のご馳走にあり付きたかったんですが、まずはそこにいらっしゃるスポンサーの方々にビールと日本酒のお酌をしてまわりました。

『22かぁ。うちの娘と同じくらいだなぁ。』という人もいれば『いやぁ、こんな綺麗なお嬢さんとお酒が飲めるなんて最高だねぇ』という人もいます。

『まゆみちゃんさぁ。せっかく温泉宿に来てるんだから洋服は止めて浴衣に着替えようよ!』と言われました。

わたしはその時ベージュのキュロットスカートに紺のアディダスのトレーナーというラフな出で立ちでした。(長時間車を運転するにはラクだったので・・・。)




492 :まゆみ:02/06/29 08:30 ID:egQTk0Kl
呼ばれて宿の女中さんが女モノの浴衣を運んできました。

部屋に障子で仕切りがあってその向こう側にすでに4人分のお布団が敷いてありました。

(良かった。わたしは別部屋なんだ・・・!)

わたしはその部屋を使って着替えることにしました。

女中さんがまだ居てくれて『大丈夫。だれも覗かない様にあたしがちゃ〜んと見張っといてあげるからね!』と言い、わたしは『ありがとう!』と言いました。

おじさんたちは『ひどいな!長年のつきあいなのに。このおれが覗きなんてするかいっ?』ってチョットおかんむりです。

障子の向こう側でわたしは服を脱いでショーツ1枚の格好になりました。お風呂上りでブラは付けていませんでした。

『まっ、いっか!』のノリでわたしはそのまま浴衣を羽織りました。




493 :まゆみ:02/06/29 08:32 ID:egQTk0Kl
着替え終わってわたしがみんなの前に出て行くと『おおっ、いいねぇ!』と喝采を浴びました。

わたしはおどけてファッションモデルのようにそこでくるりと回ってみせました。

ようやくお食事にありついて『あ〜ん!美味しい〜!!』って思ってる時も周りのひとの話題はずっとわたしのことばかりでした。

『まゆみちゃんは本当にかわいいなぁ。』

『うちの娘とはえらい違いだ。』

『俺があと20若かったらなぁ・・・。』

いつもカラオケとか一緒に行く男の子たちと違って正直言って会話は全然シャレてないんですけど、むしろ直球でビシビシとおだてられるのも女の子としては結構嬉しいもので・・・。

当初怖れていた『気を使って疲れるかも?』という心配は微塵も無くなってしまいました。

『まゆみちゃんは彼氏とかいないの?』

『週末は何やってんの?』

いつも話題の中心はわたしです。

お酒もわたしが注ぐよりむしろ注がれることの方が多くなっています。




494 :ま02/06/29 08:34 ID:egQTk0Kl
はパべて合合間にお酒だり、質問に答えたりていました

わたしはもうっかりい気に出来ってしまいました

食べるだて周の気稿ねも取り払われてきてわたしはおのつもりで皆を揉でまわってあげたりしまし

『まゆちゃん良い子なぁ。こういう子と結すれよかったぁ。』

でもそれるとなんだか照れくさくれでて嬉しになってきす。

さん1人が然わたしにこういまた。

あんたが露天風呂での上に横にってただろ?おれ、アレ見なぁ生に一度でいいから女体盛って食てみたたよ。と。

イモが何だ、タイつか綿思いました

かのじさんたちが姿ニガをして『おいおい、何言ってんだよ!』とそれを言ったひと注意しています。

もわたしはそんから『女体盛り』の裸の上にお刺を並て食べるこだと教り、

『そが”生に一”やてみことら、わで叶えあげらなぁ。』

と思しまいま




495 :まゆみ:02/06/29 08:35 ID:egQTk0Kl
『いいですよ。やりましょうよ、その女体盛り。』とわたしが言うとその場は『ええっ!?』っていう雰囲気に包まれてみんなひどくビックリしてしまいました。

そして口々に『そうは言ってもなぁ・・・。』と意外とみなさん消極的でした。

わたしはお酒も手伝ってか却ってそのゲームを次第に体験してみたくなってきました。

『ねぇ、やりましょーよ!』

なんだかわたしが一番積極的です。

結局みんな”わたしのことを裸にする”ってことがイケナイってところに引っ掛かってるようなので(当たり前といえば当たり前なんだけど)

『ここはもうわたしの方から脱ぐしかないなぁ』と思いました。

(これって旅先だからやるんですよ!知ってる人やまた会う可能性があったらやりませんよー。)

わたしは正座したままの姿勢で浴衣の前を開いて肩からするする〜っと上半身だけ裸になりました。

ブラを着けて無かったのですぐにオッパイがあらわになりました。

おじさんたちはお酒を飲む手を止めてわたしの裸に魅入っていました。





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 野外・露出,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 野外・露出,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20161022062157