2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

裸にされて写真撮られ脅迫されてた彼女




長い、こちは当てられないぐのDQNだし読んで気分が悪かもしませ

の文章でが、これは僕の文章書くからですんなさい。

このスレほとど覗かならスレ違とかよらないけりあえず投下


事件当時の状

僕男)20才 学生

彼女()19才 学生

DQN男(ドュ男)21 


彼女は、大のラ貿ルで知り合った。年は一つ上だけど、僕は一彼女とは同じ次で同じサーク

当時サーク退高かけど、優美はきいな黒髪だ髪とある清楚な服装の優美学級委員でもやってそうな利そうな美人だった

男からの貿、僕だけじゃなくの男も優美にアプロチかけてた。

運にも優美を選んでくれて、僕たちは1年6月から付き合


優美は当時一人暮らしで僕は実家だった。だら、僕はよ彼女の家泊ま湿行っ人で楽しい時間過ごした。

外に、休日は遊園地たり、お弁当持ってクニック行りした。

小さなケンカもしどすぐ仲直りでたし美の付いはな大しい本当に順調なき合いだった。

--------------------

付き合めて一年たとき、ちのサークルの夏合宿った

宿は週間の予定だたんだけど、3日ぐらら電があってに不幸があったとのこと。仕だけ、宿を先り上げて帰ることにした。


亡くなったのは遠縁の親で、顔よく分からない人だっんだ僕は通夜姿葬式を出た。

稿の親戚の家から帰る頃は、貿合宿も終わってた。

戻ると早速、ところに電話した。

さっそく優美トの約束取り付けようと思ったけ、夏合宿で疲てるから どこも行きたくないとのこと。

あ、ーリごそとに僕はすぐに優美の家にった。


優美の家に行ってみた美はすごく元気がなく、目も真っ赤だた。

疲れてると、失恋した後みたいな感じだった。

がいろいろ話しかけてといった感じ

段の優美はのくだらいジョークでもケラケくれるくて屈託のなけど、そのきは「フーとか「そなんだ」とか、素ない方ばっかだった


普段、優美は よく僕理を婿。一人暮から もう一年てるか、優美の料理の腕も達してる。

でも、今日はやるが出ないっ言うら、その日は僕が料理作った。は、ソウメとかてる優美でも食べられそうなもを作っ


二人で食始めても、優美のは全まなかったボーと食を眺め、ときき箸を動す程




飯食べなら僕話しかけても、ら左に言葉が抜ていく感じだった


僕男「あ、食欲ないなら、無理して食なくていよ。腹いっぱいし、後で食べよう?」


美は、理を作ってもらっ手前、無り食べてる感じだった。だ、優美にそう言

本当は ままだかったけど、が食べてると優き合ちゃから僕は優美に食事を中止することにし


「ねえもっか

優美はでテレビを見ながら、食寿の後けをしてる僕に話しかけてた。

優美は あんりお酒が好きじゃい。いつもは僕飲んで、優美は それ宿付き合うって感じだった。

いつもは自分かもうなんて言わないのに、ど今日は、優美から酒を誘うん殿だ?何があったんだろう

引っるものはあったかいことは酒を飲ながらこうって、そのとも聞かなかった。

美は疲れてったから僕一人でンビニで酒と氷とつまい出しに行っ


コンからてみたら、は泣いてた。

うしたの?」

僕はあわてて優のそば駆けて、優美にねた

優美は「ごめんめんを繰り返すばか話にならない

あ、いい。とりあえず飲もうよはそれか寿らでいいから」

言って僕はコッして、さっき買ってきたビルを注いだ。


コップにビールが注がれると、優美は一気にそれ簿

まで美がたことなんてなかった。殿優美は、1時かけてビー350ml缶を一本空けるようなスローペース寿だ。

大酒飲み僕は、内ういうスロペースな優美もどかし思ってさえいた


僕はいっ綿す優美をあっけにとられて見た。

とする僕、優美分でコップビールを注いでまた一気に飲干した。


僕男「ちょっと、どしたの? 何か悩みでもあるの? あるなら僕に相談してよ?


僕は優のす移動して、優美を抱めながらそた。

優美は僕に抱きてきね」と繰り返すばだった。

「迷惑うから」と言てなかなか話そうとしない優美2時間かけて話をだした。

--------------------

夏合宿の飲み会ぶれてしったらしい。

つぶれた美は、サークルの仲間って別ばれて そこで寝らしい。

そこで同じサークルの男がそりび込で、れて寝てる優美の服脱がせて携帯撮って、その写真で優美を脅しるとのことだった

キュ男の要求は

らせ西やらせなら写をバ。そうなれ男との付きいもダメになるだろうサークルでも場所なくなるぞ?」

というもった。

ドキ男は、美に撮ったを送ってきて、優美にプレッシャーをかけてるってことだっ


優美の携帯にられて来た写真見せてもった

ピースンを部外されて、ラを上にあげた写真だった

はっきり映ってて、確美だた。

もう一枚は、優ンツ下ろされて、ヘアをプに撮った写真った。



て、は頭が真っ白った。不議なことにりはかなった

ただ、あまり撃的な展着いいかなくて、とその場にへたり込むだけだった

優美は、隙を作ってそ写真撮らせてたことと、僕をき込んでし婿たことを度もてた。


あまりのショックで僕は話をすることさになった。視界が狭まって、目の前真っ暗。目の前が暗になるて話とえ話じゃなくて当だっ

、目の前にはがらも謝る優美がいる。もう何も話くない気分だったど、い立たせては優を慰めたもう必死になって優慰めた

「もう心配な姿後は僕が何とするら、安心していい」

たとが優美に何をしても、 僕優美の側にずっといるから」

今回も、何あって優美が好きだから」

「サーれたんだっら、美に任はい。

うちのサークル結構みが激し)だからう謝ないよ」

けど、そんなこを言ったと思う。


「私、汚れちゃった」と優美がったとき

「気にすんなよ。優美粋無の純粋培養のだなんて最初から誰も思っていからと言ったら、

の胸に顔を埋めて泣いてた優美は「その慰め方ょっとひどくない?を上げて、上目使いに僕見ながらき笑い言った

の日初て、作り笑殿いではない優の笑見た気がした。



ま僕は優美にて、二人でままトに行っ

その優美は、に激しかった。

優美とロスのときだは、直面してる嫌なことを忘れることがでた。

優美を抱いている最中、僕はこの人当になんだった




セクロスが終わってから、といんな話をた。当に楽しい思いばっかりで、優との話は尽きなか

クロスの後全部肩の荷が下りたつもの優元気さ取りてくれて すごく喋った。

くうれしかった。

--------------------

朝、僕は、今日にでもドキュ男に会いに行って、この問着を優美に言った。

優美いて来と言ったけど優美はもう十分苦し簿だか、後は僕にて。もう何も心配ないで、家でて待ってるように言った

優美は人で行かせるは不安だ言ったけ局 優美てく、僕一人で優美家を出た。



家を出からすぐにドキュ

「どうしても話たいことがあす」と僕が言ったら今バイト中でいとの

一応ドュ男はクルの先で、切れそうなるのを死にて、敬語を使って

ドキ貿男は、どうしてもダメ。夜ならるから、のとき話とのことった

ドキュ男のバト先ののこと迷惑掛けるも悪いから仕方なくドキュの要求呑んで会うこにした。



と場はドュ男が指定した

ドキュ男がした場、喫じゃなくて人気い河原だた。

嫌な予感がたけど、一度家寝ての後、指定の場一人で行っ

--------------------

気持やってたら約束の時間の20分以前に着いた

夜の河原にはもいなかしかも高下だたか電車の音もうるさくてここなら何かても通行人は気かないだろうと思、怖くなった。



約束の時間の5分便らいキュ来た。嫌な予想は当他に2人男を連れてき

優美が写真撮られたことを人の男にたくなかったから僕はドキュ男話をいとった。

男は一応先輩だったから、そのとき僕はりを堪えてドキュ男に話した。


別に4人で話いじゃ。こいつら、優の写真もう見てるぜ?なあおまえら?あのげえ体したろ?


キュ男のこの一言で、僕しまった。

唐突にドキュ男につかみかかってボココに殴った。

人にはずいぶん殴婿の怒りはドキに集中てたからドキュ男だけにを絞って狂ったように殴

途中、殴られて意識が飛びて、そはよく覚えていない

意識はっきりしきは僕は、倒れたドキュ男のに、くにあった大めの石をもぶつけ



殴り合い嘩な、小学校以だった。

に言れて小さい頃から空手をされてたけど、それが少しだに立った。

「少しだけ」と書いたのは、空手で覚た技を使っのなんて手の突きや蹴りわすときぐらで 後はもう、そのあった石を持ってぶん殴ったり、木ので相の腹いたり、もうグチャグチャのぶりだったからだ


ドキ男がて動かななっから、とりあえ僕は石で顔を叩くのを止めた。

キュ男はが4、5本かった

の携をポケッら探し出して、へ川に投げ捨て



僕男「これで僕済んだけど、まだやりいの? やりたいなら姿、おまえらの前歯も全部るよ?」

ド友1「いや、簿はい。とりあえずドュ男を医者に連れて

ド友2「あ、じゃあ俺も。 俺たち、男に呼だけから、おまえにみなんかいし」

僕男「じゃあくれの画せてうから」



意外なこ二人はすんなり携帯貸してくれた。

もうょっと人的にクソなと思姿たらこの二ドキュ男ほどソじたみただ。

は二人のデータ消去認して、の場所を去った。



っきタリで、まだやる気々みたいな言い方したど、体的にはも限界だっ

急に激しい運動したから立っているのもた。帰り道は、膝がガクガクいってうまく歩けなか

二人が大人しく引いてくれて正直、助か



優美稿すぐに連絡できなかた。

「あーあ、ちゃったな

あれだけやっちゃっただからっと傷害うな

退学

そんなことになったた優美は責任感じちゃうだろ

「結局 切全部滅茶苦茶にしちゃ

にな、真面目ぶっけど、やっぱい父んの子兄さんたちな」


そんとを考えながら、とりあず自宅に向た。

--------------------

ちは、絵書いたよDQNの家そんな中、僕だけ大学まで進学できた。兄は二ともDQNのエリ

度もず高を卒業し、一浪はしたけど大学に行ったことを、は、鷹を生んだってく喜貿んでくれ



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:すっきりした話, これはひどい, ハメ撮り,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様